禁煙にはチャンピックスという薬を使用することがありますが、状況によっては保険を適用させてチャンピックスによる禁煙治療を安く済ませることもできるんです。禁煙を考えている人はまずチェックしてみましょう。

禁煙はタバコのブランドにも影響する

タバコの煙には100種類を超える有害物質が含まれており、特にタールは肺ガンや喉頭がんの発生リスクを高めるほど危険です。このために周囲にも迷惑をかけてしまうので、公共施設の大部分は完全禁煙を実施しています。これは世界的な流れであり、ダビドフなどのタバコの外国ブランドも無関係ではありません。
海外ではさらにタバコに対しての風当たりは強くなっており、提供しているメーカー自体が訴えられるという状況となっています。実際に訴えられたメーカーはアメリカのフィリップモリスでダビドフではありませんが、高級タバコを提供しているからといって安全ではないということになります。
またタバコは度重なる値上げが行われた結果、スモーカーでいるということは経済的な負担もかなり大きくなっています。例えば、ダビドフの最高級品であれば1箱の値段は1200円で、1日に1箱吸う人であれば1カ月のタバコ代は3万円を突破します。また通常のタバコでも20本入りのタイプはほとんどが1箱400円を超えているので、それほどのヘビースモーカーでなくても1カ月に1万円を超えるという状況になります。
このように喫煙できる場所がどんどん減っていく上に経済的なダメージも大きく、しかも訴えられるリスクまであるのが現在の喫煙者が置かれている状況です。しかし、それでもタバコがやめられないのは中毒性が強いニコチンという物質を含んでいるからです。禁煙補助薬のチャンピックスはニコチンの中毒性に苦しむことなくタバコから離れることが出来ます。チャンピックスは禁煙外来を実施している医療機関で購入できます。スタートから12週間は健康保険が適用されるので、通販でチャンピックスを購入するよりもお得です。なお、成功率は約50パーセントと発表されています。