禁煙にはチャンピックスという薬を使用することがありますが、状況によっては保険を適用させてチャンピックスによる禁煙治療を安く済ませることもできるんです。禁煙を考えている人はまずチェックしてみましょう。

ムスカリンとニコチン受容体について

人間の体内にはアセチルコリンという神経伝達物質がありますが、アセチルコリンは脳などの受容体と結び付いて活動します。アセチルコリンの受容体には2つありまして、1つはムスカリンの受容体、もう1つはニコチンの受容体です。ムスカリンの方は胃腸などの働きに主に影響します。ニコチン受容体にはアセチルコリンが結び付くのですが、そこにはニコチンも付きます。本来はアセチルコリンによって神経伝達を行なっているのが、ニコチンによっても作用するということです。
脳はムスカリン受容体よりもニコチン受容体の方が多いので、ニコチンは脳に強く影響します。ニコチンが脳のニコチン受容体に到達し結び付いてしまいますと体内ではアセチルコリンの製造をやめてしまいます。するとニコチンが切れた段階で脳内に物質が在庫切れになってしまいますので、イライラしたりの禁断症状が出て、またタバコを吸ってニコチンを補充してしまいます。この繰り返しでタバコをやめることができなくなってしまうのです。
そこで禁煙に効果を発揮するのがチャンピックスです。チャンピックスは飲むとニコチンと同様に脳のニコチン受容体に達しますが、そこで出るドーパミンがニコチンよりも少量ですので、ニコチンが切れた時の離脱症状が軽くて済み、禁煙につながるというわけです。
このようによく効く薬にはどうしても副作用がありますので、チャンピックスにも副作用一覧表のようなものがあります。精神的な症状の一覧としては落ち込む、抑うつ的になる、いつもと違う夢を見るなど、神経障害の一覧には頭痛や目まい、胃腸障害一覧には腹痛、便秘、下痢、腹部膨満感などがあります。このような様子が見られた時には薬を減らしてみる、いったんやめてみる、頭痛薬や腹痛薬などを併用してみるなどの対策法もあります。