禁煙にはチャンピックスという薬を使用することがありますが、状況によっては保険を適用させてチャンピックスによる禁煙治療を安く済ませることもできるんです。禁煙を考えている人はまずチェックしてみましょう。

チャンピックスの購入費用が自費になるケース

通帳とチャンピックスのお金タバコは現在でも成人男性の30パーセントが使用しており、嗜好品として根強い人気を保っています。しかし、煙の中には一酸化炭素やタールといった健康に悪影響を及ぼす有害物資が含まれているので、病院や役所などの公共施設のほとんどは全面禁煙を実施しています。また、歩きタバコに対して罰金を徴収するという地方自治体も増加しており、喫煙者にとって肩身の狭い状況になっています。さらにタバコは短期間で繰り返し値上げが行われたことにより、20本入りの大部分は1箱で400円を超えています。
このためにそれほどのヘビースモーカーでなくても1カ月のタバコ代が1万円を超えるという状況になってしまいます。つまり経済的にも大きな負担になるということであり、禁煙に取り組む人は年々増加しています。そしてこの流れをサポートするために医療機関での禁煙外来も本格的にスタートしており、チャンピックスという成功率の高い内服薬が用意されています。ニコチンの代わりに脳内の受容体に作用するという薬で、少量だけ快楽物質のドーパミンが分泌されます。さらにチャンピックスが脳内の受容体と結合している時には、ニコチンは作用することは出来ません。
このためにタバコを吸っても気持ちが良いと感じることはなくなるので、自然と禁煙に成功するという結果になります。なおチャンピックスはスタートしてから12週間の間は健康保険が適用される保険診療となります。この期間中にやめられなかった場合は自費で購入しなくてはならないので、追加費用はかなり必要となってしまいます。このために、経済的な負担を軽くするためにも保険診療の期間中に成功しなくてはなりません。