禁煙にはチャンピックスという薬を使用することがありますが、状況によっては保険を適用させてチャンピックスによる禁煙治療を安く済ませることもできるんです。禁煙を考えている人はまずチェックしてみましょう。

チャンピックスのジェネリックってあるの?

チャンピックスはバレニクリンを成分にした飲み薬で、禁煙外来で処方される禁煙のための補助剤となっています。従来の禁煙補助剤はニコチン置換療法によって無理にタバコを止める必要がありましたが、チャンピックスではニコチンを一切使わない方法で最初の1週間はタバコを止める必要もないことから、無理のない禁煙ができる方法として注目を集めています。
禁煙外来では12週間を目処に治療を行いチャンピックスも同様に処方されますが、健康保険が適応されても3ヶ月分の治療費が14,000~20,000円とコストがかかり、何度も病院に通わないといけなくなることからネット通販を利用して購入する人も少なくないようです。ネット通販ではチャンピックスの価格が安くなっているとはいえ、1ヶ月分で15,000円はかかるので健康保険を適応させた禁煙外来の治療とどちらにするか迷うこともあります。
禁煙はしたいけれど病院に行くのが面倒、あるいは時間がないと言う人でさらに薬代を安くしたいのであれば、チャンピックスのジェネリック医薬品を使用するのもひとつの方法です。ジェネリック医薬品とは新薬の特許が切れた後に同じ成分を使用して、別のメーカーが添加物や製造方法を変えて作ることで、元の薬より安く販売されることを指しています。特許が切れるのは原則的に申請した日から20年で、チャンピックスの発売は2008年からなので、本来であればジェネリック医薬品は販売できないことになっていますが、インド国内においてのみ特許に関して認められているので、同じ成分を使用した医薬品を製造することが可能となっています。これによってチャンピックスのジェネリック医薬品が世界中で流通しているので、個人輸入によって購入することが可能です。